明らかに以前の友達とは雰囲気が違っていました。
あれだけ疲れきった表情で、元気がなかったのにとても明るくなっていたのです。
「朋ちゃん、どうしちゃったの?随分と雰囲気が変わっちゃって」
「えっ?そうかな?(笑)」
確実に雰囲気の違う友達の朋ちゃんに、何か訳があるなと感じました。
「とにかく食事代は気にしないで、食べに行こうよ!」
朋ちゃんは屈託なく笑って言ってくるのです。
間違いなく彼女に何かがあった、確信するばかりでした。

 

 食事の最中も気になって仕方がありませんでした。
どうやら彼女の方も、何か話したがっているような雰囲気があったからです。
「朋ちゃん、なんでそんなに変わっちゃったわけ?本当に食事代大丈夫?」
「食事代の方は本気で大丈夫、私が全部支払うから!」
「シングルマザーで大変なのに」
「あのね、その話もしたいから今日呼び出したんだよ。実はね、パパを作っちゃったの」
「パパ?」
突如パパという言葉が飛び出してきて、本当にドキリとしました。
つまり愛人契約したってことなのか、瞬時にそう思いました。
ところが友達は「誤解しないでよ、セックスみたいな関係じゃないから」と否定してきたのです。
「なんて言うかな、パトロンみたいな感じ」
混乱する頭を落ち着かせるので精一杯でした。
朋ちゃんは何を言いたいんだろうって感じでした。
「もうちょっと詳しく説明してよ、何だか飲み込めない」
「つまりね、エッチしないでお金もらうことができるようになったの。サポート受けられるようになって、生活が安定したんだよね」
「エッチしない?」

「そうだよ、デートだけでお金くれる男性がいるんだ」
デートだけでお金を…朋ちゃんはお世辞にも美人タイプではありません。
体系だって太り気味です。
そんな彼女が、デートだけでお金をもらうなんてひたすら驚くばかりでした。
「本当にセックスなし?」
「完璧にないんだよ!」
これを聞いてパパが欲しいって素直に思ってしまったのでした。

 

女性は完全無料定番サイト男性だけ有料
パパ募集サイトBEST5
パパ募集の成功者に教わったサイト